【陰陽師】式神に装備する御魂の選び方

この記事ではスマホアプリ「陰陽師」における式神の御魂の装備について紹介しています。

装備する御魂の選び方

御魂を装備する上でポイントとなるのは「部位」、「強化レベル」、「追加効果」、「セット効果」、「ランク」です。

部位

御魂の部位とメインステータスには関連があります。

式神に合った御魂を厳選することで、式神のポテンシャルをより引き出すことが出来ます。

御魂の部位とステータスの関係

強化レベル

御魂にはレベルがあり、御魂を素材に銭貨を消費して最大15までレベルを上げることが出来ます。

御魂のレベルが上がるとメインステータスが上昇し、追加効果が発生することがあります。

御魂の強化でレベルが上がるとステータスが上がります。

▲御魂の強化でレベルが上がるとステータスが上がります。

 

御魂のレベルとメインステータスの関係について、後日まとめる予定です。

追加効果

強化レベルを上げると3レベルごとに確率で最大4つまで追加効果(サブステータス)が追加されたり、追加効果のパラメータが上昇します。

追加効果は同じ御魂、同じ部位でも内容が異なるので厳選対象となります。

式神に合った追加効果を持つ御魂を選びましょう。

追加効果は最大4つまで発動します。

▲追加効果は最大4つまで発動します。

セット効果

御魂のセット効果は同じ種類の御魂を2つセットすると2セット効果、4つセットすると4セット効果がそれぞれ発動します。

6つの部位に全て同じ御魂をセットするとセット効果が重複し、2セット効果×2と4セット効果が同時に発動します。

セット効果は重複発動ありです。

▲セット効果は重複発動ありです。

 

式神に合ったセット効果を持つ御魂を選ぶのが効果的です。

例えば、SR式神の「雪女」で「雪幽魂」の4セット効果「ダメージを与えた時に、12%の確率で目標を凍結状態にさせる。」を発動させると、より敵を凍結させやすくなります。

御魂のセット効果をまとめているので式神に合ったセット効果選びに使ってください。

御魂のセット効果の一覧

ランク

ランクは御魂の下に表示される勾玉の数で、最高は6となります。

御魂の下に表示される勾玉がランクです。

▲御魂の下に表示される勾玉がランクです。

 

式神の進化と違い、御魂にランクアップはないので、できるだけランクの高い御魂を入手して強化しましょう。

 

陰陽師の攻略情報TOP

関連記事

コメントを残す

画像を指定してアップロード出来ます。